特徴と治療 | ニキビ跡に悩まない|悩みを不毛にする先端医療

特徴と治療

ボトックス注射の特徴について

顔が大きいというコンプレックスを抱いている人がいますが、ボトックス注射を打つことによって小顔にすることができる可能性があります。注射を打つだけという手軽な方法で小顔になることができますので、たくさんの人がボトックス注射を用いる小顔治療を受けています。ただし、ボトックス注射による治療効果の持続期間は概ね6ヶ月程度だということを覚えておく必要があります。顔に注入されたボトックスは少しずつ体内に吸収されていき、だいたい半年も経てば、その効果がなくなってしまいます。永久的な効果がある注射と聞かされると逆に不安を感じる部分の方が大きくなってしまいますから、むしろ好都合だと考える人もいます。ただし、小顔効果を長く持続させるためには、継続的にボトックス注射を打つ必要があります。

顔を小さくする治療について

美容外科クリニックへ行くと、様々な方法による小顔治療を受けることができます。顔が大きいという悩みを抱えている人の多くは、頭蓋骨そのものが大きいために顔が大きく見えてしまっているものだと思い込んでいるのが普通ですが、骨の形状以外のことが原因になっているケースが意外に多いです。よく見られるのが、エラの部分の筋肉が発達しすぎているために、顔が大きくなってしまっているケースです。その場合は、ボトックス注射を打つことによって、エラの部分の筋肉を細くすることができます。わざわざ骨を削るような本格的な美容整形手術を受けなくても、期待以上の小顔効果を得ることができるため、実際に治療を受けてみた後で驚く患者が大勢います。