加齢で増える | ニキビ跡に悩まない|悩みを不毛にする先端医療

加齢で増える

たるみの原因は筋肉と肌の衰え

加齢とともに発生するお肌の悩みの1つに、目の下のたるみがあります。 目の下のたるみは目と頬の間の部分がふくらみ、たるんで見える現象です。頬との境目の部分に影ができて顔全体の印象を暗くするため、実年齢以上に老けて見られてしまうこともあります。 目の下のたるみは、眼窩脂肪という目の下にある皮下脂肪がせり出してくることによって起こります。眼窩脂肪の量には個人差があってもともとせり出し気味の人もいますが、量の少ない人でも年齢を重ねるにしたがって目立ってくるようになります。これは目の下にある靭帯の力が徐々に弱ってくることと、お肌自体の弾力が失われてくることが原因です。たるみが大きくなると、メイクでもカバーしきれなくなってしまうので注意が必要です。

セルフケアと専門治療で改善を

目の下のたるみを改善するために自分でできることとしては、マッサージや顔の運動があります。目の周囲を盛んに動かしたり指の腹で刺激することで、筋肉を引き締めてあげます。 もちろんお肌の老化を防ぐことも大事です。紫外線対策はもちろん、睡眠や栄養バランスのとれた食事など、生活習慣にも気をつけるようにします。しかしたるみを根本から解消するには、美容外科での治療が最善の手段となります。 現在、美容外科で行われているたるみ治療には大きく分けて2種類あります。1つはせり出した眼窩脂肪を外科手術で除去する方法です。これはたるみの原因を直接取り除くので、即効性があります。 もう1つは脂肪やヒアルロン酸を注入することによってお肌にハリを持たせ、たるみを目立たなくする方法です。メスを入れられるのは不安という人に適しています。